読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初恋を最後の恋として

兼ヲタおばさんの備忘録 Twitterはこちら→@aoguri_14

ツアーの感想とアルバムについての個人的な感想<に>

 

<いち>では今回のツアーの前半とアルバム曲の感想を述べてきました、<に>では後半の感想について書いていこうと思います。

 

後半一曲目、今回のアルバムのシャッフルユニット曲である

My Girl、山田くんと有岡君のユニット曲です、幼馴染である二人が一人の女性を想いその気持ちが歌詞に、この曲では山田君が今回は踊りたいね、と有岡君に提案しコンサートではばりばりダンス曲になっていました。スクリーンにはきれいな砂絵が映されていて、この曲の世界観に合っていてとても感動してしまいました。

この曲の感想、率直に言うと「K-POP感強いな…?」でした、SHINeeの事も数年前より応援させて頂いている私はちょっとSHINee感あるな…と、ここが確実にこう!とかハッキリしたものではないのですが…もしシャヲルさんでMy Girlを聞いてそう思った方がいらっしゃれば是非お話してみたいものです…。

山田君はSHINeeのテミンちゃんが好きだと言う事をいつか風の噂で聞いたことがあります、本当なのかは私にはわかりませんが山田君はジャニーズでも珍しくコンサートでカラコンを装着する人、K-POPに感化されての事なのかな~なんて少し期待したりしています。

 

その次に、シャッフルユニット曲の僕とけいと、

知念ちゃんと岡本くんのかわいいユニット曲です、コンサートではトロッコでアリーナを巡回しながら歌っていました、ほんの数十分前まではパーリーモンスターで肉体美を見せつけかっこよすぎる英語で女性の事を虜にしていた二人がなんってかわいい曲を…ふり幅が大きすぎて動機が不純なビートを刻みだしましたよほんと…いい意味で心臓に悪いセトリに乾杯。

この曲ではセリフが入っていたりするのですがまぁ~かわいいのなんの、圭人りんのセリフめっちゃかわいいしなんだあの子犬のような目は、ほんとにふり幅おおきすぎて今の新時代のJUMPの最終兵器は圭人だなと勝手ながらに確信しました。

年を取るたびに男らしさが上昇する二人なのに甘え上手だったり優しすぎだったりどこか子供な部分も持ち合わせている2人のユニット曲もたまりませんでした…。

 

そんな可愛い曲の後にChikuTaku

ここで伊野尾さんのソロピアノ、美しい指先で鍵盤を弾く姿はこの世のものとは思えないほど美しい。朝の顔、昼の顔、そしてどうふつ園の顔も、さらにはバーテンダーもこなす今やバラエティー、ドラマ、映画に引っ張りだこの彼のこんな姿はファンしか見られません、JUMPやJUMPのファンにしか見せない表情のひとつです。

ソロピアノでの緊張は本人ももちろん、ファン全員も息をのんで見守ります。少し震える指先、汗を流しながらも真剣な表情で鍵盤に向ける視線、すべてが美しい。

弾きはじめるとその場にいる全員を自分の世界に引き込む程のまっすぐな音、全てが重なり合いもう全員彼の虜です。

そして全員登場し歌うのですが、私の入った回では見事ピアノ演奏がノーミスで感極まり涙を流す私。そりゃあんなもん見たら泣きますよ誰だって…。

こまんくん本当にありがとうあなたの曲大好きですと心で感謝をしながら会場の雰囲気に身をゆだねていました。

 

 

次にEve

バラード続きで私の涙腺は崩壊ですわ、演出もなんだか凝っていてほほ~こんなこともできちゃうんだなJUMPちゃん。と思いました、これだったかな、髙木がサビ前のソロでガッツリ歌詞を間違えていた気がするのですがどうでしょう(笑)

7/30の2部に入った方で気づかれた方いらっしゃいましたらおぐりまで(笑)

 

次に最後のシャッフルユニット曲、Mr.Flawless

この曲は中島くん髙木くん薮くんの3人のちょっと大人なユニット曲、これもだいっっすきで楽しみにしていました。この曲の振り付けが三人のスタイルの良さをさらに引き出す素敵な振付でMV当たった方が羨ましいです…

そして、びっくりしたのがジャニーズ特有のラッキーガール制度がまさかJUMPちゃんにまで来ていたとは…油断していました…レポで三人から薔薇を貰っていた方がいてこれはあれか?ステージの上から投げるんか??と思っていたらまさかの!!!まさかの本人様がじきじきにアリーナを巡回しかわいこちゃんはどこかな~?とかいってやんの!!!まじかよ!!と思いましたね...選ばれた方貴方は間違いなく幸せ者です…!

いや~素敵な演出でしたね…ラッキーガール制度はぶいしっすすのグッコンでトラウマすぎてあんまり気が進まないのですがJUMPちゃんのは良かったと思います。

 

さて!ここで映像が入ります。

この映像が皆かっこいいのなんのたまんなかったですわ、これはもうコンサートこれから行かれる方期待していてください、そしてDVD待ちの方も、期待していてくださいただただかっこいいJUMPちゃんが見られます。

 

映像終わりにSUPERMAN

映像繋がりでばっちばちに火花が上から!かつん!かつんのコンサートで見たことあるやつや!!と興奮ぎみな私をよそに超かっこいい登場の仕方、

上から巨大なシャンデリア3つがゆっくり降りてきてそこにJUMPちゃんが3人ずつ入っているのです…衣装もかっこよくてなんといっても火花が…!かっこいい…バッチバチでしたわ火花…めちゃくちゃかっこよかったです…個人的にSUPERMANが大好きだったのとこれはダンス曲かな?とか思っていたのでこの演出には度肝を抜かされました。こういった演出も素敵でしたが、ダンスバージョンも見て見たいですね(^^)

 

そしてTasty U!私の大大大好きな愛僕感のある曲、この曲も大好きです…サビにシャンプーのCMみを感じたのは私だけでしょうか?←

この曲の演出はなんといってもあのファイヤーですよ…メインステージで炎がもうすごいのなんの、振付もセクシーでちょっと!?!??小中学生には刺激が強いんじゃないの?!?なんて思いながらデレデレでした。この時の演出で一番印象に残っているのが、薮君が手を右から左にスッとする所があるのですがそこで後ろの炎も一緒に右から左にぼぼぼぼぼ~!っと(伝われっ)めちゃくちゃしびれましたよ!なんだあの演出かっこいいよ~;;;;と鳥肌がとまりませんでした。

 

ここからのアレンジ版Ride With Me、これは演出にレーザーを多用、毎度のことながら圧巻の演出。

今回のツアーのしっとり感にあわせてRide With Meのまたひとつ大人になったバージョンでした、ダンスも少し大人しめになっていたな~というのが印象に残っています。今までのRide With Meあってのアレンジ版、果たして今後はどちらのバージョンのRWMを披露していくのでしょうか。テッパン曲のひとつです、もしかしたら毎回ツアーのイメージに合わせていろんな色を見せてくれる曲になるのかな?と期待。

 

さて、ここからJUMPちゃんらしい可愛い曲のキラキラ光れ

もうこれもテッパンになりそうですよね~、相変わらずかわいいしフリーになると自由で目が足りないよ目が。

 

 ラストスパート、皆大好きCome On A My House!!

相変わらずかわいいですよねこの曲、テッパン中のテッパン、知らない人はいないんじゃない?ってくらい幅広い世代に愛されるこの曲、なんといってもサビの振り付けがかわいいんです!サビはペンライトがきれいに揃っていて感動もんですわ。

 

テッパン曲で攻めまくる次が明日へのYell

ファンも一体となって楽しむこの曲、タオル回すのいままでDVDでしか見たことがなかったので参加できたことがとてもうれしい…この曲は聞いているだけで勇気がもらえる聞けば聞くほど好きになる曲だと思います。

 

さて、ラストの曲です。アルバム、ツアーのタイトルでもあるDear.

今日の君は、明日の君は、泣いてますか?笑ってますか?こんなもん大号泣ですわ…皆ちょっと暑そうな桃色衣装に身を包み横一列になり歌うのですがあんなシンプルな演出に良く映えるJUMPちゃんたち、この曲の本質をそのままありのままファンヘ届けたいと思った山田くんの考えた演出のひとつなんでしょうか、きちんと届きましたよJUMPちゃんの声。こんなに素敵な彼らに会えた今日の私も明日の私も君たちしか胸の真ん中にいませんよ。

 

ここでJUMPちゃんが捌け、スクリーンにはなんと真剣SUNSHINEで裕翔くんが自撮り棒で自撮りしていた写真が使われています、あの写真は毎回違うのでしょうか?それとも同じ物をつかっているのかね?多分毎回撮ったものを起用している気はします…多分…

 

ここからアンコールです

Magic Power、アンコール一発目にノリノリで楽しい曲を持ってきましたね!大好きですよこの曲も、4人がスタトロで巡回、残りの5人がアリトロだったりステージでわちゃわちゃ、立ち見観戦だった私は半分あきらめていたのになんてこったい、城ホがそんなに大きくないおかげでもうっもうっ最高、絶対目合った絶対(定番)

 

アンコール2曲目愛すればもっとハッピーライフ 

この曲もノリノリで楽しいですよね!これはセトリ変更あったみたいですね前日とは違かったのかな?

 

ラスト全員センターステージに集まってJUMPコールからの銀テだったはず。も~最高ですよ最高、忘れられない素敵な思い出(合掌)

 

今年のツアー、山ちゃんがかなり演出等に携わっていると言う事で期待していましたらまぁ期待通り大満足です。今回のツアーの世界観が私にドハマりしたことが大きかったのかも、それから去年のCARnivalとのふり幅も楽しめましたし新しい一面を大きくのぞかせ、まさにアニバーサリー前のツアーとしては100点満点なんじゃないでしょうか。アニバーサリーに向けての布石は着々と敷かれています、アニバーサリーが楽しみですね...!!また、今年は追加公演にプレ販売が各地で開催されております。そしてなによりFC会員数の増え方、今回のツアーにも落選組多数、この事を踏まえた上で考えられる可能性として、もしかしたら来年からはドームツアーなのではないかという「不安」です。正直JUMPちゃんは人数も多くホールであっても目が足りないのにドームなんてもう!!もう!!目が足りないどころか肉眼ではJUMPちゃんの表情が見れない可能性があるなんてなんだか悲しい!大きな箱でやれる事は非常に名誉な事ではあるのですがやはり少し遠い存在になってしまったなと感じるのも事実。

難しい問題です(^_^;)

 

 

次はセトリ落ちした曲の感想について書きたいと思います。

 

END