初恋を最後の恋として

兼ヲタおばさんの備忘録 Twitterはこちら→@aoguri_14

兼ヲタが初めてジャニーズのコンサートに行った感想(?)

 

先日、7月30日にHey!sey!JUMPのライブツアー2016「DEAR.」に

参加させて頂きました(^^)

 

今年の初めにFCに入った新規にも関わらず見事落選、

その後SNS等で同行させて頂ける方を探し参戦することが出来ました。

とても素敵な方でその方とは今でも連絡を取ったりさせて頂いているほどです(^^)

 

さて、まず私がここで思ったことは

「FCに入っていてもチケットが取れない…?」と言う事です。

FC入会者は年会費4000円を毎年納めているにも関わらず、キラキラしたステージで年に一度しか会えないあのアイドルに会うための資格が得られない場合があると言う事です。私の友人(ジャニDDヲタ歴10年目の)が言うには、

嵐は何年もFCに加入していても取れない人も多いとの事。

風の噂では聞いていましたがまさか新規ではじかれる事があるなんて!

と思いとてつもなくショックでした…。

ネット等を確認すると私と同じように新規でも落選している方が大勢おり少しびっくりしました

それもそのはず、JUMPはここ一年でFC会員数を約10万人以上も獲得している、

大勢の人間がはじかれて当然である。

 

一方ハローはFCに入ってなくてもチケットぴあでも一般発売や

メンバーのブログでの先行販売等、運が良ければ当日券まである。

FCに加入していなくてもコンサートに参加する方法は山ほどある。

 

ここでおぐりは学びました

ジャニーズのコンサートは行くまでが戦争であると…。

 

 

ここからは兼ヲタとしてコンサートまでの感想を、、、まず私はハローのコンサートにしか行ったことがなく、どちらかと言うとオラオラしたいオタク。

キンブレを振り、コールを全力でするという文化にしか触れた事が

ありませんでした。

 

ジャニーズのコンサートに参戦し結論から述べますと「ちょーーーーーーーーーーーーーーーーー楽しかった!!」です。画面や紙面でしか見たことのない人間が目の前で汗を流し呼吸をし

挙句の果てには声を発し歌って踊ってるじゃないか・・・!!!生きてる!!!!生きる!!!!!!!!!!

山田涼介って実在してたんだ!!!!と興奮しっぱなし。

テレビや雑誌で見るよりも何百倍も美しいのなんの、比喩とかではなく本当に夢のような時間でした。

 

さてコンサート会場につきまして、まぁ若い女の子しかいない!!

私が行った講演の日がそうだったってだけかもしれませんが、

小中高生:高校生~:お姉さま方の割り合いが4:3:3くらい

家族でコンサートに来ている方もちらほら見受けられました。

たまーに男性の方もおられましたね~。

 

小学生とか中学生はあんなお金どこから湧いているのか、と

思わせるほどに大量にグッズを買ったり手の凝った参戦服であったりと

謎は多いものです…。

そういえば、2日前にグッズだけ買に行こうと友人と一緒に

午前の用事が終わってから向かったのですが、、、

まぁ~凄い人でして、単純計算でも3時間待ちと炎天下の人ごみの中で

待たされるあの拷問…(コミケの方がましでした…)

 

そんな待ち時間ですから自然と人間観察はしてしまうもので

若い子みんな生首(?)ならぬ担当の顔ラミカを首から下げたり

透けているバッグに挟んだりと、今年のSHINeeのコンサートに

参戦させて頂いた時も多かったです生首ラミカ。

この生首ラミカの文化はけーぽからきているのかな?としばしば

今となっては特急ちゃんの現場でもみかけますね。

楽しみ方はひとそれぞれですが会場に着くまでの道のりでもそのような方を

見受けましたが、やはり公共の場であると言う事を自覚したうえで是非たのしんでいただきたいものですね(^^)

 

ハローでも最近女の子が多いですよね~これに関しては

また別の記事で詳しく書かせて頂きたいほど腹が立った出来事がありまして・・・

こぶしのライブハウス参戦の時の話しなのですがまた後日(^^)

 

 

私は初めての大阪城ホールでのコンサート参戦でした。

席は立ち見で番号が二桁台、開場時間前に入り口付近で

番号順に並び番号を呼ばれた順に入場。

ライブハウス形式でした。

 

入場するとともに、中の係りの方から危ないので走らないで下さい、と

喚起されるのにも関わらず、私の後ろにいた2人組の方は

階段をのぼる段階でありえないほど押してくるのなんの…

一番上の通路に上り切った瞬間猛ダッシュされておりました…

これをしているのが私よりも明らかに年下だと分かった時点でもう…(笑)

 

立ち見の台はある所と無い所がありました、

違いはなんなのかわかりませんが、

台があるのはありがたいですね!

 

私はバクステ側の通路付近に場所を取れ、ステージが一望でき、

前のスタンド席の方のマナーが非常に良く始まってからもバクステが

ハッキリ見えてとてもいい場所でした(^^) 

城ホはそんなに大きくないので立ち見でも全然見えて良かったです。

 

 

 

さて、コンサートが始まる前にコールをするオタク、

\JUMP/\JUMP/\JUMP/と、

不慣れな上にコンサートが始まる…!という謎の緊張と動揺にあり

始まる前からうつろであった私は大きな声でコールが出来なかったのは

恥ずかしい思い出です…

 

ここで思ったのは、声が小さいな~と、

これはハローの現場に行ったことがある方は誰でも思う事だと

思いますが、ほんっとうに声が小さかった。

大半が女性だと言う事を踏まえた上でも小さかったです。

周りを見渡すとコールをしていない人、ずっと座ってレポ用のメモを

取っている方、また友人と談笑しているかた、様々な方がおられました。

 

これは私の固定観念から述べますが、

オタクがコールをすればする程アイドルは気持ちよくなるので

コールや歓声、拍手は積極的にやってみるといいかと…!

 

立ち見席と、一番後ろで誰にも気を遣わず楽しめる位置

と言う事もあり、思っていた以上に自分はオラオラできて

とっても楽しかったです(笑)

始まってからはコールもハローの時のように大きな声で

できたので非常に満足です(笑)

 

うちわの文化が新鮮で慣れなくってコンサート中持ってませんでした(笑)、

アンコールの時に自分の担当さんが目の前に来てくれると言う事で、

よし持とう…!と構えたものの右手にはペンラ、左手にはうちは

なんだこれ手も振れない!と思いうちわをスカートのウエストに挿す

荒業、だめだな慣れてないと、と思いながらも目の前を通るイケメンに

うっとりしておりました。

 

全体的に慣れない一日でした(笑)

ヒール履いてる人とか絶対つかれるだろうなーとか

スカート短くない?大丈夫なの?とか色々ありましたけど

ここはジャニーズのコンサート、皆お姫様なのでコンサート中は

飛んだり跳ねたりしないんや…そうや…とひとりでに思いながら(笑)

 

いつかうちわも手作りしてみたいですね(^^)

 

 

アニヲタ時代からジャニーズのファンは非常識だとか小耳にはさんでいましたが

全員が全員そういったわけでもないですし、私の行った講演では

ずば抜けてマナーの悪い方もいませんでした。

人気が出れば出るほど色々な方が来られるので、

悪い意味で頭のネジが抜けている方もそら出てくるのではないかとは思います。

そういう時には係りの方に伝えて公的な処理をしていただくのが最適ではないかと。

 

 

次の記事では内容について話したいと思います。

 

 

 

 

END

 

はじめまして。

 

初めまして、おぐりと申します(^^)

 

少し自己紹介

Johnny'sとH!Pの兼ヲタおばさん

元々ハロオタと並行してアニオタをしておりました。

まさかアニメと疎遠になる日が来るとは思ってもみなかったです…

 

過激派W(ダブルユー)推しの父の影響でハロープロジェクトを知り

Berryz工房を好きになり菅谷梨沙子から目が離せなくなりました。

この無期限のベリロスの中、いつか梨沙子が歌を歌ってくれる日を

夢見て強く生きております。

 

ハローは箱推し。こぶしと娘。の現場にたまーに参戦。鞘師里保浜浦彩乃を推しております。

 

 

 

先輩に押されて見たセクバニ魂のsupernovaで三宅健と言う生きる大罪に心を一瞬にして奪われるという

チョロイオタクっぷりを披露。

その後に見たベロンベロンに酔った三宅健が女性に対して「先端恐怖症ですか~???」と問い続ける謎の動画も見事私のツボにHIT。

 

全くと言っていいほどジャニースとは無縁の生活をしていた私に

天使という名の悪魔が微笑んだんです…。

 

それから色々な経緯で今はHey!sey!JUMPの伊野尾さんを中心に

V6から関西ジャニーズJr.まで幅広く担当させていただいております。

 

ジャニーズに関しましてはまだまだ新規です。それから超特急と韓国のアイドルグループSHINeeも数年前より

応援させていただいております(^^)

 

ハローやジャニのコンサートレポや近況、また私の勝手な意見等の備忘録だと思っていただけると幸いです。

 

 

END